編集済お肌を気にする女性

多くの女性の方が、化粧水を使用していると思います。しかし、化粧水の成分は、必ずしも安全とはいえません。テレビや雑誌などで、綺麗な女優さんが宣伝していると試したくなることでしょう。

CMなどで大々的に謳われている製品などの有効成分は、化粧品のごく少量の一部が含まれているにすぎません。CMや雑誌などでも、有効成分について詳しく説明していますが、他の添加物について詳しく説明する化粧品会社はありません。

実際に使用してみて、お肌の不具合などがなければいいのかもしれません。しかし、化粧水に添加される成分には、お肌のターンオーバー機能やバリア機能を壊してしまう成分もあります。

洗顔後に、多くの女性が化粧水を使用します。刺激が強く、肌に合わない化粧水を使用すると、お肌の老化を招きます。本来なら、お肌に有効な成分だけで作られたものなら安全といえるでしょう。

しかし、市販されている多くの化粧品は、基本的に天然素材だけで作ることはできません。なぜなら、化粧品は1日で使い終わるわけではなく、何週間から何ヶ月の間使用するため、品質を維持する必要があります。

そのために、防腐剤などの添加物を使用する必要があります。ですので、必ずしも、添加物が悪いとはいえません。ただし、一部の添加物は、身体に悪影響を及ぼす作用があります。

こうしたことから、化粧水に限らず、化粧品全体をさまざまな角度から安全性や有効性をチェックする必要があります。今回は、お肌に危険な化粧水添加物と危険性について解説します。

防腐剤のソルビン酸カリウム

化粧品や食品などの保存料として、使用されている添加物に「ソルビン酸K(カリウム)」があります。ソルビン酸カリウムは水に溶けやすく(水溶性)、細菌やカビの発生、増殖を抑える作用があります。

そのため、多くの化粧品や食品に使用されています。ソルビン酸カリウムを使用することにより、保存や保湿効果が高くなるため、化粧品だけでなく食品やペットフードなどにも使用されています。

ちなみに、ソルビン酸単体は、水に溶けにくい物質ですが、ソルビン酸カリウムよりも保存料としての効果は高いのです。したがって、製品の性質などを考慮して、どちらかを使用します。ソルビン酸カリウムが使用されている化粧品について、下記にまとめました。

編集済美容液

ソルビン酸カリウムが使用されている化粧品

化粧水、乳液、美容液、口紅、クレンジング、洗顔フォーム、ファンデーション(パウダー、リキッド)、マスカラ、グロス、日焼け止め、ボディクリーム、BBクリーム、パウダーチーク、リキッドアイライナー、シートパックなど

 

厚生労働省が示す添加物の使用基準(安全基準)は、1日に摂取しても安心だと考えられる使用量の100分の1です。この基準で考えると、同じものを100個たべても安全であり、毒性はないといわれています。

例えば、ソーセージやウニ、魚肉の練り物などは、製品1kgあたり2.7g未満です。ソルビン酸カリウムが多く含まれるチーズなどの乳加工品では、製品1kgあたり4.0g未満、少ない量では果実酒などのアルコール飲料で、製品1kgあたり0.27g未満です。

とても少ない量で、食品などに添加されているようです。しかし、ソルビン酸カリウムが、まったく害がないとはいえません。ソルビン酸カリウムは、細胞の染色体異常を引き起こしたり、遺伝子を突然変異させたりする作用があることがわかっています。

これらのことから、ソルビン酸カリウムは、発がん性などの疾患について指摘されています。ソルビン酸カリウムは、肉類やワインなどに含まれる「亜硝酸塩(亜硝酸ナトリウム)」を同時に摂取することにより、強力な発がん性が認められ、専門家が危険性を指摘します。

ラットによる研究では、使用基準とは比較にならない量で実験がおこなわれます。しかし、たとえ少量であっても、長い期間摂取すれば体内に蓄積されるおそれがあり、摂取について注意する必要があります。

研究では、単体での研究が多く、さまざまな添加物を複合して摂取させた場合の研究は多くありません。食品や化粧品などは、ソルビン酸カリウム以外にも、多くの添加物が含まれています。

ソルビン酸カリウムと亜硝酸塩が同時に摂取することで、強力な発ガン性が認められるならば、他の組み合わせでも同じようなことが起こる可能性は否めません。このため、化粧品の使用や食品の摂取には、製品の裏にある成分表示をよく確認して選ぶようにしましょう。

変更済みコスメの化粧水

合成香料

化粧水に使用される香料には、「天然香料」「合成香料」の2種類があります。化粧水に香料と表示されている多くの製品には、「合成香料」が使用されています。天然の香料が使用されている場合には、「〇〇油配合」「〇〇エキス配合」などの表示がされています。

ただ、「香料」と表示されている場合は、合成香料がほとんどです。合成香料は、石油成分由来のもので作られた香料です。なぜなら、石油成分で作られた合成香料は安価で作れるため、多くの製品に使用されます。

天然香料は、現在知られているもので約1500種類あります。この中から、約200種類のものが天然香料として、さまざまな製品に使用されます。天然香料は、「動物性香料」「植物性香料」があります。

動物性香料は、有名なものにジャコウジカの生殖腺のうを乾燥させた「ムスク(musk)」があります。他には、ジャコウネコの分泌腺やビーバーの生殖腺、マッコウクジラの病的結石などから天然香料が作られます。

植物性香料は、エッセンシャルオイル「essential oil(精油)」ともいわれます。植物性香料は、植物の花や果実、種子、根茎、幹、樹皮、枝葉などから抽出して作られます。

植物性香料は、アロマセラピーなどでも使用されます。植物から香料を抽出するには、圧搾法や水蒸気蒸留法、溶剤抽出法などがあります。代表的な植物性香料は、バラ油やラベンダー油、イランイラン油、ジャスミン油などです。

これに対し、合成香料は石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料とピネンという炭化水素で大量生産できます。これは、20世紀に入ってから、香料を求める人が多くなったことからはじまります。

当時は、天然香料だけでは供給が間に合わないため、化石燃料で合成香料を大量生産する技術が進みました。合成香料は、天然香料から有香成分を抽出する「単離香料」と、石油などの化石燃料と単離香科を合成させた「純合成香料」があります。

合成香料は、約5千種類(2012年現在)あり、その中から約500種類~600種類が化粧品の香料として使用されています。代表的な合成香料について、下記にまとめました。

 

代表的な合成香料

Β-フェニルエチルアルコール(ローズ)、α-ヘキシルシンナミックアルデヒド(ジャスミン)、シクロペンタデカノン(ムスク)、リナリルアセテート(ラベンダー、ベルガモット)、ローズオキサイト(フローラル、グリーン)、リナロール(スズラン)、リモネン(オレンジ)、2、6-ナノジエナール(スミレ、キュウリ)、インドール(ジャスミン)、β-カリオフィレン(ウッディ)など

編集済香料1

化粧水には、香料が約0.05%~0.2%賦香されます。香料で気を付けなければならないことは、お肌を危険にさらす可能性のある香料です。例えば、前述していない香料の成分に「フタル酸エステル」があります。

フタル酸エステルは、フタル酸とアルコールが、エステル結合した状態の化合物です。この物質は、プラスチックを柔らかくする「可塑剤(かそざい)」として、さまざまなものに使用されています。

可塑剤を物質に加えると、自由に物の形を変えることができるため、加工しやすくなるのです。フタル酸エステルは、化粧品やプラスチック製品、ビニールで作られた製品など、あらゆるものに入っています。

例えば、衣類や食品の包装材やテーブルクロス、レインコート、塗料、フィルム、合成レザー、接着剤、シーリング材、車のハンドルやダッシュボード、ギア、シャワーカーテン、ビニール床、ビニール製のおもちゃ、ファブリーズ、洗剤、虫除け、ルームスプレーなどです。

医療品でも広く使用され、点滴の袋やチューブなどにも使用されています。肉類や乳製品などから、フタル酸エステルが検出されることもあります。化粧品では、香水やヘアスプレー、マニキュア、デオドラントなどです。

フタル酸エステルの人体への影響は、発ガン性や生殖機能への影響、子供の肥満などが懸念されています。学者によっては、身体に蓄積されないので安全という専門家もいますが、さまざまな製品に入っているため注意が必要です。

日本やアメリカ、欧州などでは、児童が使用するおもちゃやほ乳瓶、おしゃぶりなどにフタル酸エステルの使用を規制しています。ただし、化粧品に対してフタル酸エステルの表示義務はなく、表示に「香料」とあればフタル酸エステルが入っている可能性はかなり高いようです。

変更済みストレートヘア

化粧水添加物の危険性

化粧水だけでなく、他の化粧品などにも、さまざまな合成化学物質などの添加物が配合されています。前述したような合成化学物質などの添加物には、発ガン性や人間が分泌するホルモンバランスを壊す作用があります。

また、人によってはアレルギー反応を示すこともあり、人体への悪影響が報告されています。化粧品の場合は、肌に塗るものが多く、食べるわけではありません。そのため、化粧品を使用することは、大したことはないと考える人も多いようです。

しかし、「経皮毒」といって有害成分が皮膚から吸収されることにより、さまざまな人体への悪影響が懸念されています。通常、食べ物を摂取したときに、有害物質は肝臓で解毒されます。

肝臓による解毒作用により、少しは有害物質の影響が和らぐとされています。しかし、化粧品などで皮膚から有害物質が吸収した場合には、肝臓で解毒されません。有害物質は、皮下組織に貯め込まれて、少しずつ血液により全身を回ってから排除されていきます。

つまり、皮膚から吸収される有害物質は、長い時間皮膚や体内に留まってしまうのです。さらに、毎日のように化粧品を使用すれば、体外に排出されるよりも皮膚や体内に残る量の方が圧倒的に高くなります。

編集済ニキビを気にする女性

直ぐに、有害物質の影響が起こることはないとしても、何年か何十年か先に何らかの影響が出る可能性が高くなるといえます。

近年では、30代~40代になってから、急にアトピー性皮膚炎や花粉症などになるケースという報告があります。これは、皮膚から浸入した経皮毒の影響により免疫力が低下して、これらの疾患が起こるという専門家もいます。

「有名なブランドだから安心だ」というような考え方は、危険です。なぜなら、大手の化粧品会社は、大量に化粧品を生産したり、広告料も必要になったりするため、コストを下げるために安価な添加物を使用していることが多いからです。

自分や家族の健康を守るには、化粧品や食品などに表示されたラベルの成分表を、しっかりと確認してから購入するようにしましょう。一昔前と違い、今日の製品には、配合成分をラベルに表示する義務があります。

ただし、全ての添加物が表示されているとは限りません。一部の成分しか表示されていない場合も多くあり、しっかりと見極める必要があります。現在の法律では、企業側に対して罰則や表示義務がゆるいため、添加物が表示されていないことがある場合があります。

このように、化粧水といっても、さまざまな添加物が配合されています。もちろん、長期で使用する場合には、防腐剤や香料なども必要になる場合があるでしょう。しかし、長年にわたり化粧水を使用すると、皮膚に有害物質が蓄積されて身体に悪影響を及ぼす可能性が高まります。

結局は、さまざまな知識を得るなど、自分で注意する必要があります。なるべく、添加物の少ない化粧品やオーガニック化粧品を使用するなど、自分でお肌や身体を守るようにしましょう。