編集済日差し

今日では、紫外線の有害性について知られるようになり、さまざまな紫外線対策が施されるようになりました。紫外線対策の一つに日焼け止めがあり、「紫外線吸収剤」が使用されています。

日焼け止めは、薬局やドラッグストアなどで販売されています。紫外線吸収剤が日焼け止めに使用されるのは、紫外線を吸収した後に熱エネルギーに変換して、外へ放出する作用があるからです。

しかし、近年の研究では、紫外線吸収剤は悪者になっています。今回は、日焼け止めに使用される紫外線吸収剤の毒性と対策について解説します。

紫外線吸収剤の性質と役割

太陽から降り注ぐ光線の一つに、紫外線があります。紫外線は、約290nm~400nmの波長で地表に降り注ぎます。元々紫外線は、体内でビタミンDを合成したり、殺菌作用があったりするなど身体に大切なものです。

しかし、長い時間紫外線を浴びてしまうと、シミやシワ、くすみなどお肌に悪影響があることも事実です。そこで、紫外線からお肌を守る化粧品に「紫外線吸収剤」があります。

紫外線吸収剤とは、日焼け止めのことで、紫外線の強力なエネルギーを取り込んで化学的に処理するものです。例えば、取り込んだ紫外線を熱エネルギーや赤外線に変換する作用があります。

これは、日焼け止めを塗っている間に、ずっと化学変化を起こし続けるため紫外線を吸収するのです。紫外線吸収剤の分子構造は、有機物を含む有機化合物が多く含まれています。紫外線吸収剤は、塗ってから時間が経つと壊れてくるため、メーカーでは定期的に塗るように指導します。

しかし、紫外線吸収剤を含むさまざまな化粧品は、長い時間紫外線を浴びていると、さまざまな変化が起こります。例えば、香料が変質して臭いが変化したり、添加されている油脂が酸化して匂うなどお肌に刺激を及ぼします。

他にも、化粧品に使用されている「タール色素」は光に弱く、長時間紫外線にさらされていると退色したり変色したりします。ネイルなどで使用されるエナメルの「皮膜形成剤」である「ニトロセルロース(硝化綿)」は、紫外線により年度が低下したり黄ばんだりします。

基礎化粧品などの基剤は、紫外線の影響により分解されて、基剤の質感が変化します。

紫外線吸収剤自体は、無色透明で配合もよく、肌に塗ったときの塗り心地もなめらかです。紫外線吸収剤は、紫外線散乱剤と組み合わせることにより、高いSPF値を示します。

SPFとは、「Sun Protection Factor」の略で、サンバーンを起こすUVBをどのくらい防ぐことができるかの目安の値です。サンバーンとは、「日光性皮膚炎」のことで、紫外線(主にUVB)が原因で起こる皮膚の赤み(紅斑)をともなう炎症のことです。

紫外線(Ultraviolet、UV)は、UVA、UVB、UVCと、波長の長さで違います。UVBは、UVAについで2番目に波長が長い紫外線で、サンバーンの原因になります。

UVBを皮膚に受けると、表皮までしか入りませんが、炎症を起こす力はUVAの約千倍と強力です。UVAは、紫外線の中でもっとも波長が長い紫外線です。UVAは、表皮の一番下に位置する基底層から真皮まで達します。

UVAは、皮膚が黒くなる「サンタン」の原因になります。サンタンは、「黒化」ともいいます。UVAにより皮膚が刺激を受けて、メラニン色素が生成されてサンタンが起こります。

サンバーンは痛みをともないますが、サンタンによる日焼けで、皮膚の痛みはほとんどありません。UVAによる紫外線を浴びた直後は、それほど黒く見えませんが、これはメラニン色素が生成された細胞が表皮の上の方にきていないからです。

しばらくして、ターンオーバーが進むと、UVAによる日焼けした小麦色の肌を感じるようになります。日焼け止めは、紫外線吸収剤だけで高いSPF値やPA値を示す製品を作ることは難しいため、紫外線散乱剤などを組み合わせて製品化されることが多いのです。

PA値は、サンタンを起こすUVAを、どのくらい防ぐことができるかの目安の値です。PAは、「Protection grade of UVA」の略です。紫外線散乱剤は、「酸化チタン」「酸化亜鉛」などが使用されています。つまり、酸化した金属の粉が原料であり、顔料でもあるため白浮きします。

また、これらの酸化された物質は、活性酸素を発生させるため、皮膚細胞を酸化させます。しかし、「ルチル型」という結晶構造のものは活性酸素を発生させる力が弱いため、多くの化粧品に使用されています。

ちなみに、ミネラルファンデーションという製品がありますが、ミネラル粒子が「ナノ化(ナノサイズまで小さくされている)」されているものは、皮膚の細部に入り込んで多くの活性酸素を発生させます。

日焼け止めに使用される製品でも、化粧品メーカーがこぞってナノ化をおこない、白浮きを目立たなくさせようとしています。しかし、ナノ化により皮膚の細胞間にナノ化物質が入り込むため、使用には注意が必要です。

編集済日焼け止めクリーム

紫外線吸収剤の種類

紫外線吸収剤の種類には、さまざまなものがありますが、日本で化粧品によく使用される紫外線吸収剤は3種類です。その他の紫外線吸収剤もありますが、以下の3種類が日本で販売される製品の約75%で配合されています。3種類の紫外線吸収剤について、下記にまとめました。

 

パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル(表示名称:メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ケイヒ酸誘導体)

この紫外線吸収剤は、主にUVBを吸収する作用があります。日本でよく使用される紫外線吸収剤で、独特の臭いがあり、淡黄色の粘り気を有する液体です。性質は、油にはよく溶けますが、水には溶けません。

日焼け止めには、感触を良くするためにシリコーン油を使用しますが、油分と相性がよく馴染みます。とても強力なUVB防御作用があり、UVA吸収剤や紫外線散乱剤と組み合わせて製品化されます。化粧品基準による分類では、「化粧品の種類により配合の制限がある成分」に属します。

4-tert-ブチル-4’-メトキシジベンゾイルメタン(表示名称:t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、ジベンゾイルメタン誘導体)

この紫外線吸収剤は、主にUVAを吸収する作用があります。UVAの吸収剤として、とても多くの製品に使用されています。この紫外線吸収剤の色は、黄色から薄い黄色で粉末状の物質です。

油にはわずかに溶けますが、水やアルコールなどには溶けません。化粧品基準による分類では、「すべての化粧品に配合の制限がある成分」に属します。

2-ヒドロキシ-4-メトキシベンゾフェノン(表示名称:オキシベンゾン-3)

この紫外線吸収剤は、UVAとUVBの両方の紫外線を吸収できる紫外線吸収剤です。この紫外線吸収剤の色は、白色から淡い黄色で粉末状の物質です。油にはよく溶けますが、水には溶けません。

企業にもよりますが、高いSPF値を出したいときに、この紫外線吸収剤を使用するようです。化粧品基準による分類では、「化粧品の種類により配合の制限がある成分」に属します。

これら以外に、多く使用される紫外線吸収剤には、下記のような成分が多く使用されています。成分名が長いため成分の見分け方が大変ですが、簡単に見分ける方法があります。

例えば、フェノールやベンゼン、安息香酸、ケイヒ酸などと表示されていれば、皮膚に悪影響を与える可能性が高い紫外線吸収剤が入っている可能性が高いです。

 

ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル

メチレンビズベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール

エチルヘキシルトリアゾン

メトキシケイヒ酸オクチル

フェニルベンズイミダゾールスルホン酸

ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

パラジメチルアミノ安息香酸2-エチルヘキシル

オクチルトリアゾン

オキシベンゾン-○ ※○には、いくつかの数字が入り数種類あります

編集済乳液

紫外線吸収剤の毒性

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する作用があり、皮膚トラブルを回避してくれます。しかし、紫外線吸収剤の製品の中には、旧表示指定成分に指定されている物質が含まれているものがあります。

「表示指定成分」とは、厚労省大臣が指定して、表示が義務づけられている成分のことです。厚生労働省では、「ごくまれにアレルギー等の皮膚障害を起こすおそれのある成分」として、103種類(1種類は香料)ありましたが、2001年の薬事法改正で表示義務がなくなりました。

紫外線吸収剤の中には、フェノール系化合物やフェノールに類似する「ベンゼン化合物」があります。これらの成分は、酸化防止剤やタール色素と同様に、発ガン性の毒性が認められる物質です。

これらの成分は毒性が強いため、毒性の強さに応じて製品への添加される量が制限されています。しかし、ここで注意する必要があります。なぜなら、一つの化粧品に対して成分量は少ないのですが、たくさんの化粧品を使用します。

例えば、化粧をおこなうときには、紫外線吸収剤を含む乳液や化粧下地、ファンデーションなどの化粧品を数種類使用される女性も多いと思います。

たくさんの化粧品を使用すれば、紫外線吸収剤だけでなく他の化粧品に添加されている成分も使用することになり、すぐに決められた成分の制限量を超えてしまいます。その結果、お肌の皮膚細胞を傷つけることになり、シワやシミ、たるみなどになる可能性が高まります。

また、紫外線吸収剤が皮膚の上で化学変化を起こすとき、皮膚に刺激を与えます。すると、お肌が敏感な人はかぶれやすくなったり、敏感肌になったりするなどの症状を起こすことがあります。

他には、紫外線吸収剤は、紫外線を受けたときに熱を吸収します。そのため、熱を持った紫外線吸収剤が、お肌の水分を蒸発させて乾燥肌を招きます。長期間、紫外線吸収剤を使用することにより、肌のバリア機能が低下して、シミやシワ、たるみなどの原因になります。

変更済みお肌のチェック2

日焼け止めの選び方

前述したとおり、紫外線吸収剤には、さまざまな有害物質が入っているものが多いようです。それでは、どのような日焼け止めがいいのでしょうか。紫外線吸収剤を選ぶといっても、完全な日焼け止めを選ぶのは難しいと考えられます。

まず、前述した簡単にわかる「皮膚に有害な成分の見分け方」を参考にして、有害物質が入っていないものを選びましょう。例えば、ナノ化された「酸化チタンや酸化亜鉛」などが不使用のものです。

これらの物質がコーティングされていれば、活性酸素の発生が低いといわれていますが、それでも皮膚に良いとはいいきれません。さらに、日焼け止め成分の基材も、シリコンなどが含まれていない自然なものを選びましょう。

また、SPF値が高いものは、その分使用される有害成分が高くなるため、SPF値それほど高くないものを選びましょう。他には、日焼け止めの中に、保存料や功労、着色料、防腐剤などが入っていないものを選びましょう。

自然なオイルを、日焼け止めと併用して、お肌の負担を軽減する紫外線対策もいいでしょう。例えば、ホホバオイルやラズベリーシードオイル、キャロットシードオイル、小麦胚芽オイル(ウィードジャームオイル)、アボガドオイル、大豆オイル、シアバターなどを使用することです。

しかし、オイルの精製技術が低い石油系ミネラルオイルやワセリンなどは不純物が多いため、「オイル焼け」の原因になります。現在では、精製技術も高くなり、こうしたトラブルは低いようでが表示をよく見るなど注意が必要です。

また、UV対策として、木綿の帽子やストール、サングラスなどを使用することもおすすめです。自分に合った紫外線対策をおこない、健康的なお肌を維持するようにしましょう。