首の痛み-男性2

首の痛みのことを「首痛(くびいた、しゅつう)」といいます。統計的には、約7割の人が一生に一度は首痛を経験するといわれています。

しかし、どうして多くの人が、首痛を経験するのでしょう。簡単に説明すると、首の上には思い頭が乗っています。また、現代社会では、仕事や勉強、趣味などで首を休める時間が少なく、負担がかかることが首痛の原因といえます。

今回は、首痛のメカニズムと解消法について解説します。

首痛の原因

首痛の原因は、さまざまです。まず、前述したように、首の上には思い頭が乗っています。頭の重量は、約5キロから6キロあるといわれています。その重量を、起きている間中ずっと細い首が支えています。

それ以外にも、首はさまざまな動きをこなします。例えば、前後左右、さまざまな方角を向くことが可能です。首は、これらの複雑な動きをコントロールしていますが、首への負荷は相当なものになります。

また、加齢による筋肉の衰えや、運動や事故などによる過負荷、運動不足などでも首痛は起こります。

加齢や事故などでは、特に頸椎(けいつい)がすり減ったり、椎間板(ついかんばん)が潰れたりするなどにより「首の痛みやしびれなどの不快な症状」が生じます。

頸椎は、身体の中でも特に重要な箇所です。頸椎は、背骨の一番上の場所に位置します。頸椎は、7つの椎骨(ついこつ)という骨で成り立ちます。

その椎骨と椎骨の間には、骨が当たらないようにクッションの役目を担う「椎間板(ついかんばん)」があります。さらに、頸椎の中央部分には、脊柱管(せきちゅうかん)という穴があります。

脊柱管の中を、神経幹である脊髄神経(せきずいしんけい)がとおります。さらに、脊髄から神経が、肩や腕などに枝分かれするように張り巡らされています。

こうしたことから、前述したように、頸椎が事故などで頸椎が損傷することで、手足に痛みやしびれが起こります。

首の病気

首を痛めることにより、首の痛みや張り、手足にしびれなどの症状が生じます。これらの症状は、どのような病気に当てはまるのかまとめてみました。

(1)頸椎椎間板ヘルニア

前述した頸椎の、第2頸椎から第7頸椎までの間にある椎間板の表面が破れ、椎間板や繊維輪に亀裂が入り、内部の随核が飛び出した状態のことを「頸椎椎間板ヘルニア」といいます。ヘルニアとは、ドイツ語で「飛び出た」という意味です。

内部から飛び出た随核が、脊髄や神経根などの神経組織を圧迫して手足の痛みやしびれ、運動麻痺障害などの症状が起こります。頸椎椎間板ヘルニアは、30歳から50歳の人に多い病気です。

頸椎椎間板ヘルニアの原因は、加齢や事故、運動負荷、遺伝的要因など、さまざまな原因が挙げられます。近年では、飛び出した随核が、自然吸収したり消失したりする場合があることがわかってきました。

(2)頸椎症

頸椎症は、前述した頚椎や椎間板が加齢により変形し、「骨棘(こつきょく)」という骨軟骨組織が増えて首が痛くなる病気です。頚椎症がひどくなると、首の痛みや上肢のしびれ、麻痺、運動障害になることがあります。

このひどくなった状態を「頚随症(けいずいしょう)」といいます。頚椎症は、「変形性頸椎症」「頸椎症性神経根症」「頸椎症性脊髄症」の3種類があります。

変形性頸椎症は、首のレントゲンを撮って「骨と骨の間が狭くなっている」と診断される病気です。これが、前述した骨曲が出っ張るなどの影響によるものです。

鎮痛剤などの薬物療法や、機械で頸椎を引っ張る牽引療法、温熱療法、電気刺激などの理学療法などの治療が行われます。

頸椎症性神経根症は、変形性頸椎症に加え、頸椎から腕にかけての神経が圧迫されることにより痛みやしびれが生じます。この場合は、頸椎椎間板ヘルニアや胸郭出口症候群の疑いもあります。

頸椎症性脊髄症は、首や肩の痛みに加えて、両手両足にしびれが出ます。他にも、洋服のボタンが掛けにくかったり字が書きにくかったりします。また、足がふらついたり歩けなかったりするなどの、「歩行障害」が起こることもあります。

(3)脊柱靱帯骨化症

脊柱靱帯骨化症(せきちゅうじんたいこっかしょう)は、前述した、背骨の骨をつないでいる靱帯が厚くなり、「骨化(こつか)」していく病気です。

首から腰までの脊椎(せきつい)には、骨の椎骨、椎間板、椎間関節があり、それらをさまざまな靱帯が守っています。

この靱帯には、「前縦靱帯」「後縦靱帯」「黄色靱帯」「棘間靱帯」「棘上靱帯」などがあります。これらの靱帯は、本来柔軟性を持っているのですが、加齢や脊椎変形など、さまざまな影響により骨化することがあります。

この病気は、脊髄の通り道である脊柱管内にある「後縦靱帯」「黄色靱帯」が骨化すると、直接脊髄を圧迫して激痛が走ります。

脊柱靱帯骨化症の原因はさまざまですが、遺伝的要因や糖尿病、女性ホルモンの高値、カルシウム代謝異常などが挙げられます。

首痛の解消法

首痛がひどくなると、前述したような重症な病気になります。現代社会では、勉強や仕事を行うときに、姿勢の悪さが特に目立ちます。

例えば、座っているときの姿勢や立っているときの姿勢は、背中を丸めた「猫背などの姿勢」が目立ちます。すると、前を見るために、背中を丸めた姿勢でアゴを上げるため、首や肩が緊張します。

これにより、首や肩の血流が悪くなり、乳酸などの疲労物質が溜まることで痛みや張りなどの症状が生じます。

この改善方法として、軽くお腹を突き出して背中を反らし、胸を張ってアゴを引くことで「生理的湾曲」という背骨の正しいS字のカーブを作ることができます。

また、長時間同じ姿勢で居ると、身体は緊張して張ってしまいますので、たまに動くこともしましょう。さらに、首や肩を可動範囲で、軽く10回くらい動かします。すると、筋肉の緊張が取れて、血流がよくなります。

中国では、「甩手(スワイショウ)」という両手を前後に動かす動作を行います。この運動法は、中国では朝などに40分くらい(約2千回)行われ、首や肩の張り、全身の血流改善する運動法です。

甩手を、朝や夜、仕事の合間などに行うことも効果的です。

このように、首痛を解消するには、日頃の姿勢や運動が鍵となってきます。適度に身体を動かしたり、お風呂に入ってリラックスしたりして休息して、いつでも健康でいられるように心掛けましょう。