お風呂-お酒

過度の飲酒は、「二日酔い」になります。人によっては、少量の飲酒でも頭が痛くなったり頭がクラクラしたりします。

他にも、吐き気やめまい、気持ち悪いなどの症状が生じます。二日酔いは、別名「宿酔(しゅくすい)」ともいいます。しかし、なぜ二日酔いが起こるのでしょうか?

今回は、二日酔いの原因と治し方について解説します。

二日酔いの原因

アルコールは、血管を拡張する働きを担っています。昼間の仕事などで、身体がストレスを受けると血管は収縮します。しかし、アルコールにより、血管が拡張すると気分が高揚し、陽気になるなどが「お酒が楽しい理由」の一つです。

二日酔いの原因は、アルコールを分解するときにできる有害物質の「アセトアルデヒド」が原因です。身体の中で、アルコールは分解されてもアセトアルデヒドを代謝しきれずに体内に残ります。

すると、頭痛や吐き気、めまい、気持ち悪いなどの症状が生じます。日本人は、特にアセトアルデヒドの「脱水素酵素(ALDH)」の活性や分泌が弱いといわれています。

また、アルコールを代謝するときには、大量の水分が体内で消費されます。そのため、脳を保護している「髄液(ずいえき)」が減少し、低髄液圧症候群(ていずいえきあつしょうこうぐん)になり頭痛を感じます。

二日酔いで、最も多い症状が、脱水症状による二日酔いです。脱水症状になると、頭痛や疲労感、吐き気、食欲不振などの症状が生じます。

また、アルコール以外にも、日本酒などに多く含まれる「アデノシン」「酢酸」にも血管拡張作用があります。血管が拡張する状態が長く続くと、血管が炎症を起こして「ズキズキする頭痛」の原因になります。

他にも、「低血糖症」が原因で二日酔いが起こる場合もあります。飲酒したアルコールは、全て肝臓で処理されます。このとき肝臓は、アルコール分解を優先させて、他の活動を休止します。

このとき、グルタミンによる糖(グリコーゲン)の生産不足が起こります。通常、肝臓は糖分を貯蔵しています。その糖分を、必要に応じて他の場所に供給しています。

糖分の貯蔵量は、約8時間程度です。前述したとおり、肝臓はアルコール分解を優先させると糖分が不足し、脳の栄養分である糖が供給できなくなります。すると、頭痛や疲労感、筋肉痛などが起こります。

さらに、胃酸分泌過多が原因で二日酔いになります。アルコールは、胃酸の分泌を促します。過度の飲酒をすると、胃酸の分泌も多くなります。

すると、胃液の中の「胃酸(塩酸)」が、胃粘膜を傷つけて吐き気や下痢、食欲不振などの症状を引き起こします。

他にも、酸素不足やメタノールが原因で二日酔いになることがあります。メタノールは、ウィスキーやテキーラ、ブランデーなどに微量ですが含まれています。

メタノールは、分解するのに時間がかかります。また、メタノールそのものが身体に有毒です。

二日酔いの解消法

前述したとおり、二日酔いにはさまざまな原因があります。それぞれの原因についての解消法をまとめました。

アセトアルデヒドによる二日酔い解消法

アセトアルデヒドが原因の二日酔いは、アセトアルデヒドの解毒が必要です。それには、しじみやひまわりの種、ゴマなどが優れています。

例えば、お酒を飲んだ後に、しじみや貝類の味噌汁を飲むことは理にかなっています。また、たこやイカなどの海産物も「アセトアルデヒドの分解」を促進します。

脱水による二日酔い解消法

脱水による二日酔いには、文字通り水分を補給することです。例えば、アルコール50gで600mlから1Lの水分が失われます。

分かりやすく説明すると、缶ビール500mlを2本飲むと1Lの水分が失われる計算です。ですので、飲酒したときには、その倍以上の水分を摂るようにしましょう。

血管拡張による二日酔い解消法

日本酒などの多く含まれるアデノシンは、前述したとおり、血管を拡張します。血管拡張時間が長くなることによる二日酔いには、血管を収縮させることです。

血管を収縮させる作用があるものは、コーヒーやお茶などの「カフェイン」です。

他にも、牛乳やカツオ、マグロ、赤みの肉、レバー、チーズ、卵などに含まれている「セロトニン」も収縮作用があります。セロトニンの原料は「トリプトファン」という必須アミノ酸です。

トリプトファンは、体内で作られないので、食品から摂取するしかありません。

低血糖症による二日酔い解消法

低血糖症による二日酔いには、糖分を素早く吸収させる必要があります。その場合、身体への吸収率を考えると、ショ糖よりも果糖の方が、吸収率が優れています。

アルコールを摂取したときに、果物を摂ることは理にかなっています。ただし、酸性のりんごよりもオレンジやレモンなどの柑橘類やフレッシュジュースを摂取しましょう。

また、食品では、おにぎりやコーンフレークなどの炭水化物を多く含むものを食べましょう。他にも、スポーツドリンクなどもお勧めです。

胃酸過多による二日酔い解消法

胃酸過多による二日酔いには、胃酸を抑える作用がある食品を摂取することです。例えば、生姜や重曹です。これらは、体内で酸性度を低減させる作用があり、昔から船酔いなどで使用されているものです。

生姜は、そのままでもすり潰しても、スープなどでも結構です。生姜には、さまざまな素晴らしい作用があります。例えば、生姜の香り成分の「シネオール」は、食欲増進作用があり、健胃や解毒、消炎作用があるといわれています。

また、生姜の辛み成分である「ジンゲロール」「ショウガオール」は、とても強い殺菌作用があります。寿司を食べるときに、ガリを食べるのはこの殺菌作用を利用したものです。

また、これらの成分には、ガン細胞の増殖を抑制する作用や細胞の突然変異を抑制する作用があります。さらに血行促進作用や身体を温める作用があります。

重曹(炭酸水素ナトリウム)は、胸焼けや消化不良、痛風の尿酸結晶溶解にも効果があることが知られています。重曹は、血液中のpHバランスを保つ作用があります。

重曹は、胃酸過多や胸焼けなどで酸性に傾いた状態を中和する作用があります。重曹を水の中(コップ1杯約200ml)に、小さじ1~2背入れて飲みましょう。

酸素不足による二日酔い解消法

酸素不足が原因の二日酔いには、もちろん酸素を摂ることです。それには、酸素バーや酸素カプセルなどを利用します。

ただし、これらの機械やバーは、どこにでもあるわけではありません。したがって、コンビニや薬局などで売られている酸素を多く含むミネラルウォーターを摂るといいでしょう。

メタノールによる二日酔い解消法

メタノールによる二日酔いには、肝臓の代謝を高める食べ物などを摂取することです。例えば、肝機能を強化する「スルフォラファン」が含まれるブロッコリーやカリフラワーなどを食べることです。

また、この二日酔いには、メタノールを避けることも大切です。例えば、人工甘味料である「アスパルテーム」は、体内でメタノールに変換されるため二日酔いの症状を強めることになります。

この場合には、普通のミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

また、果物にも、微量ながらメタノールが入っています。ウィスキーやテキーラ、ブランデー、ワインなどのアルコールを飲んだときには、果物を避けた方が無難です。

このように、二日酔いの種類もさまざまです。二日酔いの種類を見極めて、その種類に合った解消法を行いましょう。しかし、最善の方法は、お酒を飲み過ぎないことです。

また、肝臓を休めるために「休肝日」を週に1~2度作りましょう。少しの飲酒は、身体に良い作用をもたらします。飲酒は節度をもって楽しく飲み、身体と心に健康な生活を送りましょう。