頭痛女性3

日本人は、めまいで苦しんでいる人が多いようです。身体には、バランスを保つ機能が備わっています。その機能を「平衡感覚(へいこうかんかく)」といいます。

平衡感覚は、身体の各器官(目や内耳、三半規管、脳幹、視床、大脳皮質など)から集められた情報を脳が統合して、身体の各器官に指令を出して平衡感覚を保っています。

しかし、何らかの原因により、平衡感覚のシステム障害が起きると「めまい」が生じます。厚生労働省の「国民生活基礎調査」では、約240万人の人がめまいの症状を訴えます。

今回は、回転性めまいのメカニズムと対処法について解説します。

さまざまなめまいの違い

めまいは、さまざまな原因が考えられます。めまいにも種類があります。例えば、グルグル目が回る「回転性めまい」、クラッとする「立ちくらみのめまい」、フワフワふらつく「浮動性めまい」があります。

簡単に説明すると、「耳から生じるめまい」「脳から生じるめまい」「老人性のめまい」があります。それぞれのめまいには特徴があります。

回転性めまいのメカニズム

「回転性めまい」は、自分自身がグルグル回っていたり、周囲がグルグル回っていたりする感じがします。このめまいは、急に発症します。

回転性めまいが起こると、グルグル回る症状以外にも、おう吐や吐き気、難聴などの症状が生じます。回転性めまいは、耳の異常が原因で起こります。また、脳梗塞や脳出血などの脳の病気でも「回転性めまい」は起こります。

耳は、音を聞く「聴覚」以外にも、身体のバランスを保つ役割を担っています。そのため、耳に異常が起こると「回転性めまい」が生じます。

例えば、耳の前庭(ぜんてい)という器官から耳石(じせき)が剥がれて、身体のバランスを保つ「三半規管(さんはんきかん)」に入り込むとめまいが起こります。この病気を「良性発作性頭位(りょうせいほっさせいとうい)めまい症」といいます。

また、内耳を満たしている「内リンパ液」が増えすぎると内耳がむくみ、めまいが起こります。この状態を「内リンパ水腫(すいしゅ)」といいます。

前述した、「前庭」という器官は、脳に身体のバランスを保つ情報を送ります。しかし、何らかの原因により、前庭神経に炎症が起きると脳に正常な情報が伝わらずにめまいが起こります。

この病気を「前庭神経炎」といいます。前庭神経炎は、風邪などの病気後に発症することが多いようです。

他にも、脳を保護している髄液(ずいえき)が耳の「内リンパ腔」に漏れるとめまいが起こります。また、飛行機や新幹線に乗ったり、水中に潜ったりしたときに耳が詰まったような感じになります。

このときに、回転性めまいになることがあります。この病気を「外リンパ瘻(ろう)」といいます。

さらに、耳の中耳(ちゅうじ)に炎症が起こると内側の内耳に影響を及ぼします。その結果、前述した前庭などに影響を与え、回転性めまいが起こります。この病気を「中耳炎」といいます。

回転性めまいの対処法

もし、回転性めまいが起きたときには、あわてないことです。あわてると、気が動転して転倒などするおそれがあります。まずは落ち着いて、リラックスして休みましょう。運転中にめまいが起きたときには、車を停車してシートを倒して休みましょう。

めまいが起きたときには、ビタミンB群を補給することがおすすめです。ビタミンBの中でも、ビタミンB12は、神経の代謝を促す作用があります。

このビタミンは、カキやアサリ、サンマなどの魚介類や豚肉などに多く含まれています。ビタミンB12は、睡眠リズムを整える作用もあります。ビタミンB12意外にも、ビタミンB1は、脳の働きを正常に保つ作用があります。

よって、めまいが起きたときには、ビタミンB群を多く摂取しましょう。

また、激しいめまいがするときには、脳に異常がある可能性があるため、病院で診察を受けましょう。

このように、回転性めまいが起きたときには、あわてず気を落ち着かせて対処しましょう。前述したとおり、まずはリラックスすることが大切です。さらに、休息や栄養補給を行うことで症状の緩和を目指しましょう。

ひどいめまいや頭痛、舌のろれつが回らないなどの症状があるときには、すぐに病院へ行きましょう。